恋愛・結婚

アメリカの結婚式♡ケータリングの探し方・試食・手配

アメリカで結婚式・披露宴をする場合に準備しなくてはいけないことのひとつ、ケータリングについて書いていきます。私もアメリカでケータリング会社を探し、メニューの試食、手配をしました😊参考に、見積もりとった際の料金や、オーダーの際の注意点も書いておきます。

結婚式・披露宴のケータリング

ケータリングといっても、

  • 会場でサーブ(各テーブルまでサーブ)
  • 会場でサーブ(ビュッフェ形式)
  • デリバリーのみ

などいろいろな方法があります。

ケータリングの探し方

「catering+地域名」で検索するとたくさん出てきます。ウェディング総合サイトで検索することもできます☺

私は、ウェブサイトでメニューを確認したり、Instagramで実際にケータリングした人の写真をチェックしました!

ケータリングのテイスティング(試食)

いくつかネットでめぼしを付けたところに電話をして、テイスティングへ行きました☺

テイスティングは、有料のところもあれば無料のところもありました。

ケータリング専門会社

イベントなどを対応しているケータリング会社はケータリングに慣れているので、試食も見積もりもスムーズです。

食事も比較的カスタマイズ可能です。

そのため、何品が良いか、メイン・副菜・デザートはどんなものが良いか?などあらかじめアイディアをもっておいたほうが良いです。

私たちは、下記を試食しました。

  • メイン(チキン)+付け合わせ
  • パン×2種類
  • デザート(チョコレートケーキ)

チキンのソースは、クリームソース・照り焼きソースを試しました。付け合わせのお野菜は、希望すれば変更可能でした。

見積もりをとったのでシェアしておきます。

3品(メイン・サラダ/スープ・デザート)

1人$25程度、合計:ゲスト40名$1000

※プレーンの食器、テーブルまでのサーブ付、サービス料別途

レストランのデリバリー

レストランでも、ケータリングをしているところがあります。私たちは、食材にこだわったお食事を出したかったので、健康志向で評判の良いお店をいくつか選びました。

老若男女問わず、誰にでも食べやすいサンドウィッチやサラダなどで探し、試食しに行きました。

私たちは、新型コロナウイルスの状況もふまえて、ケータリング(デリバリーのみ)が良いと思い、気に入ったローカルのレストランでケータリングをオーダーすることに決めました😊🥪

ケータリングの手配・支払い

依頼時は、何をいくつ、何時にどこに配達、など細かいところは電話だけでなくメールでも送っておきました。

もし事前払いであれば、請求書がきた際に必ず、種類・個数などに間違いがないか確認しましょう!

私たちは、事前支払いといわれて請求書を待っていたのですが、送られて来ず…電話して確認しました。

連絡が遅い場合は、電話1本入れてしまったほうが早いです。

ドリンク

フードをケータリングする場合は、ドリンクも一緒に頼めるケースがほとんどです。頼んでしまうのが一番簡単だったのですが、ドリンクの種類が限られていました。

私たちのゲストは、アルコールやカフェインを含むドリンクを飲まない人が95%ほどだったため、ドリンクは自分たちで用意しました。

人によっては、バーカウンターを設けて、バーテンダーを雇う人もいるようです。知り合いに頼んでる方も多いそうです☺

フードやドリンクのケータリングを探している方の参考になれば幸いです🎶

ABOUT ME
Kiki
”Do what you love, Love what you do”がモットー♡ 世界に通用する日本人女子になることが目標。 気分屋バイリンガル('90s)アメリカ在住。オーストラリア(NSW)、アメリカ(NY・UT・NV・CA)に住んだことがあり、アメリカ英語+たまにオージーアクセント。 「PC一台で世界どこにいても仕事ができる」ことを目標とし、IT/Web業界での経験を積み、独立。
error: Content is protected !!