K1ビザ健康診断@聖母病院〜渡航前診断の予約から結果受取まで〜

K1 Visa

書類審査が通り、アメリカ大使館から必要な書類が届いたら、面接の準備をします!

今回は、面接準備のひとつ、渡航前検診(K1ビザ用の健康診断)の予約から実際の検診やお会計について書いていきます!アメリカ大使館が指定した医療機関で検診を受ける必要があり、私は、東京の聖母病院で検診を受けました。

電話でk1ビザ健康診断の予約

指定の病院で受ける必要があり、東京は2ヶ所。

私はどちらでもよかったのですが、いろいろな方のブログ等読み、聖母病院のほうが予防接種など安いようだったので聖母病院にしました😊

予約時には、ケースナンバーが必要なので手元に用意して電話しました!
希望日、渡航先(ビザの種類)、名前、生年月日など聞かれました。

ちなみに聖母病院はクリスチャンなので、クリスマスはお休みでした🎄🔔

私は、朝方人間なので朝1番に予約しました!午後にほかの用事も済ませたかったので、ちょうどよかったです🙆🏻‍♀️

検診後、結果が出るまで少し時間がかかるのでスケジュールには余裕をもって予約しましょう!

受付時に必要な持ち物

受付時に、

  • ケースナンバー
  • パスポート
  • 母子手帳
  • 写真(30 mm x 40 mm)

が必要です。

母子手帳は必須ではないものの、予防接種の経歴がわかるので持っていくと良いです。

また、受付時に、結果を取りに来るか郵送が良いか聞かれます。私は、結果を病院まで取りに行く時間がなさそうだったので郵送にしました。

k1ビザ渡航前診断@聖母病院

まずは受付へいき、必要な書類を書き、持参した写真等を提出します。

受付後、待合室で待ち、名前を呼ばれたらいよいよスタートです!

身長・体重、血圧、視力検査

受付をした場所からすぐちかくの簡易的な部屋で行われました。特に注意することはないかなと思います。

血液検査

下の階へ行きクリアファイルを提出後、待合室で待っていると名前を呼ばれるので、呼ばれたらカウンターのようなテーブルへ行き採血をします。
アルコールでかぶれる方は伝えたほうがいいとおもいます!

レントゲン

その後、またしばらく待合室でまち、名前を呼ばれたら更衣室で着替えます。

準備ができてからレントゲンを撮ります。
そしてまた更衣室で着替えたら、受付をした階に戻り指定医の診察を待ちます。

指定医の診察

医師の診察では、

  • 聴診
  • バースマークの確認
  • 傷跡について質問
  • ピアスの有無

がありました。

そのあと、カーテンの裏で下着のみになって、医師が身体をみます。裸になる、という噂がありましたが私は上は脱いで下は着たままでよかったです!

先ほどの質問の回答を確認するように、バースマークや傷跡など身体をくまなくチェックしていました。

耳のピアスは何も言われませんでしたが、「おへそのところはピアスですか?」と確認されました。

予防接種について

医師の診察の際に、予防接種についても確認しました。

私は母子手帳をもっていっていたので、足りない予防接種だけ受けようと思っていました!

しかし‼️実はこの1週間前にインフルエンザにかかってしまっていたのです…😢

「打っても抗体がつきにくい」、と言われ、「k1として渡航するには問題がない」とのことだったので、渡航後に”GC申請者”に必要なワクチンを受けることにしました。

ただ、これがのちに問題になりました…😣
これは別記事で書きます。

個人的な意見ですが、打てる状況なら打ったほうがいいとおもいます!

k1ビザ検診のお会計はいくら?

お会計は診察券を機械に指すと表示されます。

お会計なんと、32930円
わかってたけど高いですよね(笑)

K1ビザ検診料金の内訳

検診料:19,940円
文書料:9,000円
その他:1,000円(郵便料だと思います)

予防接種を受ける方は、予防接種料が加わると思います

クレジットカードは使える?

現金多めに持って行ったのですが、クレジットカード使えました!

k1ビザ検診の所要時間

私は9時予約で、だいたい11時ごろにおわったので約2時間でした!

全体的にそんなに混んでいなかったですが、一番待ったのは、採血とレントゲンでした。

健康診断結果が手元に届くまで

記述のとおり、私は結果を郵送してもらうことにしたのでだいたい2週間後に届きました!

開封厳禁の封筒は、そのままビザ面接に持参する必要があるので絶対開けてはいけません。

以上が、渡航前検診の予約から結果受け取りまでです。

 

当日の午後は、警察へ犯罪証明書をとりにいきました!また別記事で書きます✍️

タイトルとURLをコピーしました