海外生活

アメリカで引っ越し!入居後に手続き・チェックすべきことまとめ

アメリカで引っ越しました。今回は、賃貸なので入居後に確認すべきこと、手続きしておくことなど、ひとつひとつ慎重に進めました。ほとんど人がすることになるであろう部屋のチェックは、確認すべきことをなるべく細かくまとめましたので参考になれば幸いです😊

各種契約の手続き

電気、ガス、Wifiなど、入居前から手続き出来る場合もありますが、もししていない場合は入居後に対応する必要があります。

私たちは、宅配ボックスの登録や、アパートのポータルサイトの登録なども済ませました。

部屋のチェック

管理人の方から、チェックシートを渡されました。「何か不具合などがないか確認してください。48時間以内に書いて持ってくるか、持ってこない場合は何も不具合なしとみなします」と説明がありました。

限られた時間の中で、部屋の中をくまなくチェックしました!!

家電類

コンロ・オーブン・電子レンジ・食洗器・洗濯機・乾燥機・冷暖房などは必ず1度は使って、問題がないか確認するのがおすすめです。

キャビネット・クローゼット

すべての扉をあけて、スムーズに開閉するか?亀裂や破損はないか?中に汚れはないか?などくまなくチェックしました。

位置を調整できる棚の場合、支えている器具がすべてあるか?割れてないか?も確認。

バスルームの棚には、化粧品などのシミがあることもあるので確認しておくのをおすすめします。

コンセント・スイッチ

コンセントやスイッチもすべて機能するか、確認しました!コンセントは、携帯を充電器につなぎ、すべてのコンセントにさしていきました。

窓やドアの開閉・ロック

こちらもすべてスムーズに開閉できるか?鍵はちゃんと閉まるか?確認。

カーペット・フローリング

カーペットやフローリングに大きなダメージがないか確認しました。

鍵やセンサーキーの稼働確認

家のドアの鍵だけでなく、ポスト(メールボックス)の鍵、ジムやプールへのアクセスキー、アパートのゲートのセンサーキーなども、渡された鍵すべて機能するか?確認しました。

共用部分の使用方法確認

ごみの分別などは州によっても異なりますが、ゴミ出し方法はアパートごとにルールがある可能性もあります。時間や場所などの確認をしっかり済ませておきました。

また、アパート敷地内の共用部分であるプール、ジム、オフィススペース、遊具(子供用)、ドッグランなどの使用方法も確認しておきました。

久しぶりの賃貸なので、いろいろと戸惑いつつ、今後の生活をより快適なものにできるよう慎重に手続き・確認を進めました😊

新居でのこれからの生活がたのしみです🎶

ABOUT ME
Kiki
”Do what you love, Love what you do”がモットー♡ 世界に通用する日本人女子になることが目標。 気分屋バイリンガル('90s)アメリカ在住。オーストラリア(NSW)、アメリカ(NY・UT・NV・CA)に住んだことがあり、アメリカ英語+たまにオージーアクセント。 「PC一台で世界どこにいても仕事ができる」ことを目標とし、IT/Web業界での経験を積み、独立。
error: Content is protected !!