恋愛・結婚

国際結婚の手続き-アメリカ人との婚姻まとめ-期間・費用

国際結婚において大変なことといえば「手続き関連」です。アメリカ人と国際結婚した私の経験談をまぜながら、アメリカ人との婚姻における手続き、期間、費用などをまとめました。どちらの国で結婚するか?によっても必要書類などが異なってくるため要注意です。また、日本在住の場合、アメリカ在住の場合、などによっても方法が異なってきます。

あくまでも執筆時点(2020現在)の情報です。また、詳細は必ずご自身でお確かめください。

アメリカ人との結婚手続きのポイント

ポイントは、

  • ふたりが現在どこに住んでいるか
  • どちらの国で(先に)結婚するか

です。そして、必要に応じて、適切なビザの申請をしていく形になります。

国際結婚の手続き-準備前に決めること-

アメリカ人と結婚する場合、どこで結婚するか?により手続きが異なってきます。

  1. アメリカ国内で結婚
  2. 日本国内で結婚

日本でアメリカ人と結婚する場合の手続き手順

アメリカ国籍側の書類集め

婚姻要件具備証明書(米国市民は宣誓供述書)をアメリカ大使館、又は領事館から入手する必要があります。

婚姻要件具備証明書(宣誓供述書)の費用

手数料が$50かかります。(2020年現在)

婚姻届を提出

書類がそろったら書類をもって、市区町村に婚姻届を出します。

婚姻後、日本の配偶者ビザの申請

中長期ビザ(就労・就学)を持っている外国籍配偶者は、その後、現在のビザ(在留資格)から日本人の配偶者としての在留へと変更=在留資格変更許可申請をすることになります。

たとえば、学生ビザ→配偶者ビザ、または就労ビザ→配偶者ビザなど。

在留資格変更許可申請の費用・期間

弁護士や行政書士に頼まない場合は、\4000の収入印紙代だけです。※申請に必要な書類の発行費用は除く

いろいろ知らべてみましたが、変更にかかる期間は約3カ月程度だそうです。(もちろん早い人もいれば遅いひともいるようです)

婚姻後、アメリカに引っ越す場合

もしアメリカに引っ越す場合は、アメリカ人の配偶者として渡米するためのビザ、CR-1ビザ(配偶者ビザ)が必要になります。

アメリカの配偶者ビザ取得にかかる期間

取得には、書類や面接などが必要で、約1年~1年半かかります。(現在はコロナで全体的にもっと遅くなっているようです)

米国でアメリカ人と結婚する場合の手続き手順

私たちは、日本国内に住んでいましたが、①の「アメリカ国内で結婚」しました。

米国でアメリカ人と国際結婚♡手続き方法まとめ・費用・期間アメリカ国籍のパートナーと日本人が結婚する場合、アメリカまたは日本で結婚するケースが多いと思います。今回はアメリカで結婚する場合の手続き...

その他、国際結婚関連

アメリカ人と結婚した場合の苗字について

苗字はどうする?相手の苗字に変える、自分の苗字を使う、複合性(混合姓)にする、という選択肢があります。

【国際結婚】外国人と結婚した場合の苗字の変更・手続きに関して国際結婚の場合、苗字も考えることのひとつかとおもいます。 結婚相手の国にもよるとおもうのですが、アメリカは、アメリカ名と日本名を揃...

今回は、アメリカ人と結婚した場合の手続きについて記載しました。

少しでもお役に立てれば幸いです😊

ABOUT ME
Nat
”Do what you love, Love what you do”がモットー♡ 世界に通用する日本人女子になることが目標。 気分屋バイリンガル('90s)アメリカ在住。オーストラリア(NSW)、アメリカ(NY・UT・NV)に住んだことがあり、アメリカ英語+たまにオージーアクセント。 「PC一台で世界どこにいても仕事ができる」ことを目標とし、IT/Web業界での経験を積み、独立。